フリーローン

総量規制の基礎知識はお金を借りる前にしっかりと理解しておくことが大切です。総量規制とは金融機関からの借金で多重債務をしている人、フリーローンを多額利用している人が自己破産、夜逃げ、自殺などを防止することを目的として作られました。借り入れできる上限金額を制限する貸金業法なのです。しかし、総量規制の対象となるのはあくまでも個人に対しての貸付に限定されます。住宅ローン、自動車ローンなどは対象ではなく、消費者金融、事業者金融、クレジットカード会社、信販会社からの無担保ローンのことなのです。総量規制は次に、年収の3分の1までしか借りることができないのです。また、1社からの借り入れは最大 50が上限金額になります。50万円を超える時、複数の貸金業者から借りる時は年収を示す書類が必要なのです。これらの総量規制の基礎知識をしっかり理解することが大切なのです。そして総量規制が成立した背景を理解しないといけません。しかし、総量規制の基礎知識を理解していても、どうしてもお金が必要な人にとっては何とかならないかと考えるのです。何とかするには違法な手段を考える人もいます。そう考えた人が、違法なヤミ金へ手を出すのです。総量規制は規制をするだけで、どうしてもお金が必要な人に対して救済することは考えられていないのが現状なのです。法律での救済は借金をしてどうしようも無くなった段階での自己破産、任意整理であったりするだけです。

コメント

コメントを受け付けておりません。