不測の事態

誰しも、何かのイベントやイレギュラーな冠婚葬祭に参加する機会が発生するなど不測の事態が起こることはあります。その時にはやむを得ず、銀行からお金を借りたり、キャッシング、ローンなどを利用することがあるかもしれません。普段はそれほど意識することはありませんが、お金を借りるときには、いろんな法律や知識が絡んでいるのです。よく年収の三分の一までしか借りることができないと言われるようになりましたが、総量規制の基礎知識になります。総量規制の基礎知識として、全ての事柄に適用されるわけではありませんが、基本的に一個人がお金を借り入れるときには、この「三分の一」が適用されるようになっています。もし、そうでなかった場合は、確かにお金はたくさん借りられるかもしれません。けれども借りたらちゃんと「返す」ということが必要です。たまにもらった気分で忘れてしまう人がいますが、あくまでもお金を借りていることを忘れてはいけません。ちゃんと、貸した方はきちんと貸したことを覚えています。ほかにも総量規制の基礎知識として、法人向けの貸付とは異なっていることや、個人の借り入れでも、事業用として借り入れるときには適用されないということは頭の片隅においておいてもいいでしょう。生活していれば、何がしか自分の思いもかけないことは起こります。これまでの生活を振り返って、少し貯金を作ってみたりするなど、余分にお金を用意しておくようにしておいてもいいでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。