貸金業法改正

近年、消費者金融などの貸し金業者に国の改正貸金業法により総量規制がかかることとなりました。これにより各消費者金融は総量規制の影響を受けることとなりました。さて、そもそも総量規制とはいかなるものでありましょうか。簡単に説明しますと、個人に対する融資に大きな限度がついたのです。まず借り手側の収入を有無をきちんと確認することが義務付けられました。残念ですが、収入が確認出来ない人には貸し付けをすることが禁じられたのです。さらに、収入を確認出来た上で、その最大貸し付け額は年収の三分の一に限定されることとなりました、今まである程度消費者金融と顧客側の相談で決まることもあった部分ですので、この総量規制の影響はどちらにとっても決して無視出来ないことであります。しかしながら、これは考えようによっては歓迎すべきことであるとも言えます。企業側としてみれば、以前のような取引の成立方法は見込めなくなりましたが、言い方を変えれば安全な相手とのみ取引が出来るようになったということでもあります。また、顧客側にしてみても収入が保障出来ないなかで無理な借金を重ねるという綱渡り的行為を第三者によって止められることであるいは破滅に向かっていたかもしれない未来を回避することが出来るようになったのです。このように決して総量規制の影響は悪いことばかりではありません。既に法は改正されてしまったのですから、今の法制の中でどのように行動して行くかが消費者金融の最大のこれからの課題であると言えましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。