基礎知識

総量規制の基礎知識をいくつか紹介します。総量規制は2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行されたことにより導入されました。これは簡単に言うと、年収の3分の1以上の借入ができなくなったということです。身の丈に合わない負債を抱えることがないように、との考えで導入されました。 次の総量規制の基礎知識は、総量規制対象外の借入先についてです。総量規制の適用を受けないのは、銀行や信用金庫、農協などです。預入ができる金融機関は貸金業者ではありませんので、貸金業法は関係ありません。その中で一番可能性があるのは、銀行カードローンです。テレビのCMでよく見るように、銀行は小口融資に対して力を入れており、総量規制以上の負債がある人に対しても、審査をして返済能力があると判断すれば積極的に融資をしています。銀行カードローンの一番のメリットは、貸金業者のカードローンと比較して低金利になるということです。総量規制対象外に加えて、低金利のことから年収3分の1規制で借入が困難であれば、一度申し込みをしてみることをおすすめします。 最後の総量規制の基礎知識は、おまとめローンについてです。先程も述べたように、銀行は総量規制の対象外であるため、おまとめローンもその適応外となります。複数の貸金業者からの借金をおまとめローンに一本化すれば、利用者は返済負担が軽減できるうえに、総量規制が解けて再度貸金業者からお金を借りることができるようになります。

コメント

コメントを受け付けておりません。