年収の3分の1

貸金業界に大きな波となっている総量規制の基礎知識について紹介します。そもそも総量規制とは、年収の3分の1までしか借入れができなくなる制度のことです。ここは総量規制の基礎知識として絶対に知っておかなくてはいけない当たり前の知識です。総量規制の目的は、借入れ金額の制限を設けることによって多重債務者を生まず、健全な借入れを推進するものです。2010年に貸金業法が改正されて総量規制が導入されるまでは、こういった借入れ金額の規制はありませんでした。そのため、審査に通ればいくつもの金融機関からお金を借りることができたのです。これが多重債務者に繋がります。ただ、消費者のための制度である反面で、借入れに制限がかけられてしまうのは必ずしもメリットばかりとは言えません。たとえば、総量規制の足枷となる代表的な人が「主婦」です。専業主婦なら収入はゼロなので、借入れ自体できません。また、パートなどでいくらか稼いでいたとしても借入れできる金額はたかが知れています。では、主婦層は借入れを諦めるしかないのか、ここからは主婦の総量規制の基礎知識を紹介します。結論から言うと、主婦でも借入れを利用することは可能です。ですが、その場合は「配偶者貸付」しかありません。配偶者貸付とは、夫の合意があれば、夫の収入と自分の収入を合算できる制度です。借入れは全て夫に筒抜けになるので、内緒で借入れを利用することはできないという問題はあります。ただ、総量規制が設けられたことで、主婦にとっては少々厳しいかもしれませんが、それでも借入れに関するあり方を考えるにはいい機会になるでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。